毛穴のたるみを隈なく隠せる化粧品が日本に上陸

刺激の少ないスキンケア

メディプラスゲルは、温泉水にコラーゲンやセラミド、植物性のエキスを配合することで作られています。使用により、肌にはローションや美容液やクリームを使った場合と同じような効果が与えられます。塗る回数が少ないため刺激も少なめとなりますし、しかも使用後には、効果を持続させるためのゲル状の膜が張られます。

しっかりとしたケアが大事

まつげの育毛剤を毎日しっかり塗りこんでいくと、まつげ一本一本が太く長くなり、魅力的な目元になっていきます。そうなるとメイクの幅も広がるので、きちんとケアを継続するようにしましょう。まつげの育毛剤は、マスカラの下地にも使えます。

キメの細かい肌を保つため

頬を触る女性

劣化するコラーゲン繊維

毛穴は、皮脂や汗の分泌のために、ある程度は開いた状態となっています。しかし年をとるにつれて、この開きが一層大きくなることがあります。すると肌は、ミカンの表皮のように、凹凸の目立つ状態になります。なぜ加齢によってこういった現象が起こるのかというと、肌のコラーゲン繊維が劣化するからです。衣服のウエスト部分などによく使われているゴムは、古くなるとだんだんとたるんで、伸び縮みしにくくなります。これは、中で束ねてあるゴム繊維の1本1本が劣化し、弾性を失うからです。肌も同じで、内部のコラーゲン繊維が劣化すると、たるみやすくなります。そしてそのたるみにより、毛穴がうまく閉じることができなくなるわけです。しかし、動物あるいは魚類から抽出されたコラーゲン分子で作られた美容液などの基礎化粧品を使用すれば、毛穴のたるみの防止が可能となります。与えられたコラーゲン分子によって、肌のコラーゲン繊維が、弾性を保ちやすくなるからです。毛穴のたるみを防げば、そこに垢や雑菌などが入り込むことも、防ぎやすくなります。そしてこれにより、黒ずみやニキビも防げることになるのです。また、毛穴のたるみがあると、ファンデーションなどの乗りが悪くなったり、クレンジングが難しくなったりします。こういったメイクにおける問題も、基礎化粧品でコラーゲン分子を与えることで、防止できる可能性が高くなります。そのため、キメの細かい美しい肌を維持するために、多くの人が基礎化粧品を活用しています。

毛穴の奥までクレンジング

肌をあたためながら、毛穴を開かせてクレンジングできる、ホットクレンジングが人気です。ホットクレンジング剤を選ぶときは、マッサージできるものを選択するようにしましょう。ホットクレンジングの効果を高めるため、スチームを使うと良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加